CX-3のグレード選び、もう迷いません!

【CX-3の値引き】について考えていますか?

 

ディーラーで商談をすればCX-3の値引きは可能ですが、テクニックを持っていないと数万円値引きで済まされてしまいます。

 

限界値引きを勝ち取りたいなら、ちゃんとCX-3ならではの値引き交渉術を知っておきましょう。

 

>> CX-3の値引き情報詳細

 

 

CX-3のグレード選びってすごく、迷うんですよね。

 

安全装備はどれをどのくらいつければいいんだろう?
最安値のグレードってお買い得?
全部ディーゼルだしどれでもいいんじゃない?

 

 

他にも色々な悩みがあるのではないでしょうか。

 

こちらのサイトでは、CX-3を購入する際のグレード選びで役立つための解説をしていきます。ぜひとも読んで見て下さい。

 

最初に、CX-3のグレードにはどんなものがあるのか、一覧を見て確認してみましょう。

 

グレード名 価格(FF/4WD)
XD 2,376,000/2,592,000
XD Touring 2,592,000/2,818,800
XD Touring L Package 2,808,000/3,024,000

↑CX-3の最上位モデルの4WDの場合、300万円を超えてしまいます、予算とグレードは懐事情と相談ということになります。

 

CX-3の各グレードの違いを解説

それでは、CX-3のそれぞれのグレードの違いを一つずつ解説します。

 

安全装備の違い

 

CX-3はグレードによって燃費やエンジンパワーが変わってくるわけではありません。
CX-3のグレードの違いはほぼイコール安全装備の充実度合いといえます。
こちらではCX-3のグレードごとの安全装備について解説していきます。

 

  XD XD Touring XD Touring L Package
スマートシティブレーキサポート
AT誤発進抑制制御
ブラインドスポットモニタリング
アダプティブフロントライティングシステム
ハイビームコントロールシステム
車線逸脱警報システム
スマートブレーキサポート ×
マツダレーダークルーズコントロール ×

 

〇は標準搭載、△はオプション追加可能装備、×はオプション追加できない装備になります。

 

全車種搭載装備は

 

・スマートシティブレーキサポート

 

・AT誤発進抑制制御

 

 

CX-3の最廉価グレードであるXDが標準搭載しているのはこの二つ装備になります
少し安全装備が心もとないためXDはあまりおすすめができません。
必要最小限の二つの安全装備しか標準搭載していませんし、これから説明する二つの上級装備はオプションで追加することも不可能です、CX-3の安全面から考えれば上のグレードを選ぶと良いでしょう。

 

・スマートブレーキサポートの説明

スマートブレーキサポートとは中高速走行中の衝突被害をブレーキの自動制御により抑える「プリクラッシュセーフティ技術」です。

 

レーダーで先行車を捕捉。インジケーターが先行車までの距離の変化を5段階で表示します。
そしてCX-3との車間距離が基準値(ブレーキでギリギリ衝突を避けられる距離)に達した場合は、警報で知らせます。車間距離がさらに短くなると、軽いブレーキを作動。衝突が避けらない状況では強いブレーキでさらに減速し、CX-3との衝突時の被害軽減や衝突の回避をサポートします。

 

※CX-3全車種搭載の「スマートシティブレーキサポート」は低速走行中(時速30km~40km)中の被害を軽減するシステムです、大事故につながる高速走行中の事故に対応したシステムではありません。

 

 

 

・マツダレーダークルーズコントロールの説明

レーダーで先行車とCX-3との速度差や車間距離を認識し、自動で走行速度をコントロールするシステムです。
CX-3運転中のドライバーがアクセルやブレーキの操作をしなくても、設定した車速内で車間距離を自動で調整・維持します。

 

また、先行車との距離を視覚的に表示します。

 

 

 

ではこれらのつくCX-3の最上位グレードを選んでさえいればいいのでしょうか?
いえ、中位のグレードXD Touringでも全ての装備がオプション追加可能です。
確かに全ての安全装備を標準搭載した上位グレードXD Touring L Packageは安全です。

 

ですが、CX-3の安全装備にも必要なものと必要ではないものが個人個人で違ってきます。
CX-3に何が必要で何が必要でないかを見極めて、自分に必要な装備を見極めて選びましょう。
上で説明した二つの装備はドライバーの安全を高めてくれる装備ですが、人によっては自分には不要だと思われる方もいるでしょう。

 

CX-3のグレード選びイコール安全装備選びです、予算と相談したうえで自分たちにはどの安全装備が必要かを検討しましょう。
勿論CX-3の購入予算に十分な余裕があるようでしたら安全装備を全て標準搭載の最上位グレードは良いものです。

 

 

燃費について

 

CX-3は全グレード、ディーゼルエンジンですので燃費は変わりません
グレード選びの際に、ここで悩むことは無いでしょう

 

 

FF 4WD
23.0km/リットル 21.0km/リットル

 

駆動方式・その他の装備について

 

 

CX-3のFFと4WDの選択についてですが、、4WDを選択すると20万円以上車体価格がアップします。しかも燃費性能も1kmあたり0.4円アップしますので、10万キロ走るとすると4万円のコストアップとなります。つまり、トータルでは25万円近く負担が増えるということになります。

 

なので、CX-3で雪道を走る機会が多いとか、アウトドアに出かけることが多いというのでもない限りは、FFを選択しておくのが無難です。

 

・外装について

 

XD ハロゲンヘッドライト、215/60R16 95Vタイヤ&16インチのアルミホイール

 

XD Touring  LEDヘッドライト 215/50R18 92Vタイヤ&ダークグレー塗装&18インチアルミホイール

 

XD Touring L Package  LEDヘッドライト 215/50R18 92Vタイヤ&ダークグレー塗装&18インチアルミホイール フォグランプ

 

おすすめグレードは?

CX-3車体価格の割に安全性能が高いXD Touringを選ぶのがおすすめです、人気も圧倒的になっています。
XD Touringはオプションですべての安全装備が追加可能となっていますので、お好みで必要だと思ったものを追加すれば、予算面と安全面のバランスも良くなります。
もしもCX-3を買う予算に十分余裕があり、安全機能を完備した最上級グレードを選びたい場合は「XD Touring L Package」を選ぶ、という形でよいでしょう。

 

全車種自動ブレーキはついているので、CX-3のXDにも自動ブレーキはありますが、それだけだと安全度があまり高くないですし、安全装備のオプション追加にも制限があるので最廉価のXDはあまりおすすめできません。

 

CX-3を限界まで安く買うには?

 

「CX-3のグレードについてはわかったけど、安く買うにはどうしたらいいの?」

 

このように考える人は多いはずです。ここでは、CX-3を格安で購入する方法を紹介します。

 

CX-3の格安購入01

CX-3だけでなく、新車は基本的には「ディーラー値引き」が可能です。

 

ですが、成功させるにはそれなりの交渉スキルが必要ですし、時間もかかります。失敗したらすべて水の泡で、数万円しか値引きができません。

 

CX-3はマツダの自動車ですので、マツダならではの値引き方法を知る必要があります。

 

具体的な方法については↓のサイトで詳細が解説されているので、1度ご覧ください。

 

>> CX-3の値引き情報詳細

 

CX-3の格安購入02

CX-3の値引きは難易度が高く、値引き額も大したことありません。そこで、別の手段として「未使用車」の購入を検討してみてください。

 

未使用車というと中古のイメージがありますが、実態は新車とほとんど変わりません。

 

未使用車は数キロ走行済みとなりますが、新車も最終試験で数キロは必ず走るので、車体としては同じです。

 

また、新車には3年間のメーカー保証が付きますが、未使用車であってもディーラーに持ち込めば同様の3年間メーカー保証がつきます。

 

なので、未使用車と新車には違いがほとんどないのです。

 

なのにもかかわらず、未使用車は新車に比べて30~40万円ほど安くなります。CX-3の値引き限界額が10万円ほどですから、差額は数十万円にもなります。もし値引きに自信がないなら、未使用車を手軽に安く買うというのもよい手でしょう。

 

未使用車を探す方法はいろいろありますが、そのなかでもおすすめなのが「ズバット車販売」です。

 

ズバット車販売はネット上では公開されていない「非公開車両」にも対応しており、在庫数は年間60万台にも及びます。そのため、希望のCX-3未使用車を見つけるのにもっとも適しているのです。

 

 

使用方法も簡単で、↑の画像のように、備考欄に「未使用車」「予算」などの希望を記入するだけでOKです。

 

「ズバット車販売」の公式サイトはこちら
http://www.zba.jp/car-hanbai/

 

交渉なしでCX-3が格安購入できるのですから、試さないのはもったないないです。

 

愛車の買取価格にも注意しよう

ディーラーの自動車下取り価格は、非常に安いです。
新車を買う時に今乗っている車をディーラー下取りに出すのは絶対に避けましょう。
(ディーラーは新車販売が仕事であって、中古車を買い取るのは仕事ではないのです。

 

そこで活躍するのが中古車無料査定サイトです。
複数の買取業者から一括査定が取れるため、オークション状態になって高確率で高額買取が提示されます。
(ディーラー下取りで5万円だった車が、一括査定で60万円になった例もあるほどです。)

 

↓一番人気が高い一括査定は「かんたん車査定ガイド」です。
http://a-satei.com/

 

↓この一括査定サイトであれば、その場ですぐに買取相場を見ることができます。

 

 

1分程度で完了します。そのまま下取りに出すと数十万円からの損をすることがあるので、1度は調べておきましょう。